お知らせ

2008/03/21   ホームページを更新しました。

ホームページを更新しました。
お茶の豆知識

2008/03/21   お茶の豆知識

お茶の成分の中で、近年特に注目を浴びているのが、渋味の成分であるカテキンです。

 ここ数年の研究により、カテキンの効能にはガンや糖尿病などの生活習慣病に効果が期待できるということが分かりました。

 細胞膜を丈夫にし、その働きを助けることでガンの発生を抑制したり、血糖値の上昇を抑える効果があるといわれています。
 また、カテキンには、解毒・抗菌作用の効能もあるので食中毒の予防効果も期待できます。食中毒が多発する梅雨の時期などは、意識してお茶を飲みたいものです。
ビタミンC

2008/03/20   ビタミンC

お茶にはたくさんのビタミンが含まれています。多く含まれているビタミンCは、新陳代謝を活発にし、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ効能があります。野菜や果物のビタミンCは熱に弱いのに対し、お茶に含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴です。
さらに、お茶に含まれているビタミンEには、抗酸化作用、動脈硬化抑制作用があるので、老化防止に効果があります。ビタミンが豊富な抹茶、煎茶を、毎日摂取するとよいでしょう。